2013年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年08月

≫ EDIT

養護学校にて交流学習

 うだるような暑さの中、7月10日(水)にスクーリングの一環として、いわき養護学校の生徒達との交流学習がありました。昌平高校から参加した生徒は23名で、白河学習センター所属の生徒も遠路はるばる参加してくれました。

 現地ではまず日程の説明を受け、担当する学級・作業学習班が記載されたネームプレートを受け取り、担当となる学級へと向かいました。そこで互いに簡単な自己紹介と挨拶を済ませた後、全員が体育館に集合して全体での交流会が始まりました。

 交流会では養護学校代表生徒の挨拶に始まり、昌平高生徒一人一人の自己紹介、「人数集めゲーム」・「ジェンカ」といったレクリエーションが行われました。体育館の中は非常に蒸し暑く、運動をするのには少々過酷な環境ではありましたが、滅多に経験できない大人数で行われるレクリエーションということもあってか、生徒達は汗だくになりながらも楽しんでいるようでした。特に人数集めゲームの時、昌平高の生徒達が養護学校生徒と手を繋ぎながら一緒に歩いている姿は実に微笑ましい光景でした。



H25 交流学習_6H25 交流学習_10
自己紹介する生徒たち
人数集めゲームに興じています


 交流会を終えた生徒達は担当する作業学習班に分かれ、養護学校の生徒達と一緒に作業を行いました。作業内容は牛乳パックを材料とした郵便はがきの製作やマドレーヌの作製等で、それぞれ工程別に作業班が細かく割り振られての作業となりました。生徒達は皆真面目に、しかし時には談笑しながら、養護学校の生徒達との親交を深めていたようです。



H25 交流学習_15H25 交流学習_18-2
牛乳パックを刻んで…
ミキサーにかけてフワフワにします


 作業学習後は待ちに待った昼食の時間。一緒に給食を教室まで運んだり配膳したりと、懐かしい気分を味わいながらの昼食でした。食後の空き時間には歯磨きのサポートをする生徒、まったりと談笑する生徒、一緒になって遊ぶ生徒等、様々な交流が見受けられました。

 午後には担当となった学級内での交流活動の時間が設けられました。養護学校の生徒達はこの日のためにゲームの企画や、その景品等の準備をしてくれていました。一時間程度の短い時間ではありましたが、皆童心に帰ったようにゲームを楽しんでいました。

 最後の交流活動を終えて帰りの会の時間を迎えると、祭りの後といった雰囲気で、「また来てね、また遊んでね」と、養護学校の生徒達は名残惜しそうに別れを告げていました。

 今回の交流学習に参加した生徒達を見ていて感心した点があります。それは養護学校に入る時と日程の説明を受ける教室に入る時に、脱いだ靴を生徒達自らが綺麗に並べていたことです。当然のことのように思われるかもしれませんが、こういった些細な事をしっかりできる団体というのは実は少数なのです。今回のような活動を通じて、教職員は生徒の良い所を見つけ、生徒は普段経験することのない時間を過ごす事によって何かを得ていけたら、そう願っています。

| 学校行事 | 16時46分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

平成25年度 夏季集中スクーリング

7月13日~15日の三日間、夏季集中スクーリングが東日本国際大学にて行われました。

まず一日目はオリエンテーションから始まりました。

H25夏季集中S_14H25夏季集中S_16


東日本国際大学から進学関係のお話を頂いたり、6月に行われた福島県定通大会にて入賞した生徒への賞状授与等、また、大学側のご厚意で学食の昼食無料券が配布され、お昼時には学食が生徒で一杯になるほどの賑わいでした。

    全国大会へ出場する生徒達。
    大活躍に期待しています。
H25夏季集中S_4
H25夏季集中S_9H25夏季集中S_12


オリエンテーション終了後はいよいよ授業開始。


生徒達は各自の受講カードに記された時間割を基に、
自分自身でスケジュール管理を行わなければなりません。

H25夏季集中S_22H25夏季集中S_25

基本的に家庭学習が主となる通信制高校にとって、生徒達が一堂に会する集中スクーリングは一大イベントです。
様々な事情により学習センターに来ることができない生徒も、一生懸命に勉強していました。

H25夏季集中S_29H25夏季集中S_31

巷では夏休み気分が高まってきているこの三連休に、教室にこもって一コマ75分間もの授業を連続で受講するというのは辛く感じられたことでしょう。
しかし、全ての授業において生徒達は静かに集中して受講しており、熱意の感じられるスクーリングでした。

ただ、非常に残念だった事が一点ありました。
それは、飲み終わったペットボトル等の放置やポイ捨てが多数目についた事で、これまでにはあり得なかった事です。
スクーリングの施設利用には大学側の全面的な協力があってこそ成り立っているので、今後もこのような行為が続けば、いつかは施設を利用できなくなってしまいます。
以後気をつけましょう。

| スクーリング | 13時57分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

定期的スクーリング【理科】

7月6日(土)に昌平中学・高等学科校にて、理科の定期的スクーリングが行われました。

理科のスクーリングは特徴的な点があります。
ただ先生の話を聞くだけよりも、生徒自身が実験を体験する方が楽しく学べるだろう、という理
科教科担当の仁木先生の案により、理科のスクーリングは実験を中心とした体験型の学習スタイルをとっています。

CIMG2236.jpg

例えば、黒の水性ペンの色の成分。
アルコールで分解すると黒一色しか滲みませんが、水で分解すると想像できないほどカラフルな色が滲み出てきます。
そういった事象を実際に体験することにより、それは何故なのか?という好奇心が非常に刺激される内容となっています。

今後のスクーリング内容は、普通に生活していたらほぼ間違いなく関わることがないであろう、水質調査も予定しています。
もちろん、その他にも様々な実験を予定していますので、何か刺激が欲しいと感じたら参加してみることをお勧めします。きっとワクワクできますよ。

| スクーリング | 10時06分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

7月HRが行われました

7月5日(金)に、東日本国際大学にて7月HRが行われました。

毎年この時期は参加する生徒が少ないのですが、皆さん元気にしていますか。
今月は夏季集中スクーリングがありますので、生徒の皆さんは日程をしっかり確認して、
当日に遅刻や忘れ物といったミスを犯さないようにしましょう。

本格的に暑い日々が続くようになってきました。
毎年、全国で多くの方々が熱中症でダウンしています。
日頃からしっかり水分を摂るなどといった対策を心がけ、今年の夏を元気に乗り切りましょう。

| 学校行事 | 14時23分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2013年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年08月